blog

岐阜県産養老豚の低温ロースト

9月の季節食材ランチコースのDMより、

”岐阜県産養老豚ヒレの低温ロースト‘‘のご紹介です。

肉質がとても柔らかく、あっさりとしたヒレ肉を、西洋わさびとバターを使いコクのあるソースに旬のお野菜を添えて仕上げました。

是非、ご賞味下さいませ。

 2018.09-Lunch.jpg

2018.08.29

青シダレモミジ

青シダレモミジ.jpg一雨ごとに色を変える紫陽花が綺麗な季節となりました。

中庭に新しく”青シダレモミジ”が入ってきました。

良く知られているモミジとは一風変わっていて細く葉が切れ込んでいてとても清涼感があります。

枝垂れる姿は和風ですが、欧米でも庭植えによく用いられる夏に人気の品種です。

涼しげな中庭を眺めながらお食事はいかがでしょう。

ご来店お待ちしております。

2018.06.23

洋食とグラン・ヴァン

image1.JPGそろそろ梅雨入りの時期です。

最近、グラン・ヴァンのご要望が多く多数ご用意致しました。

 左から

オーパスワン

シャトーオーブリオン

シャトーマルゴー

シャトームートンロートシルト

リシュブール

シャトーラフィットロートシルト

シャトーパルメ

グラン・ヴァンとハンバーグステーキやビーフシチューなどと合わせてみなさま喜んでいただいています。

2018.05.31

ブーケンビリアの紹介です。

気候のよい爽やかな日が続いています。

中庭には”ブーケンビリア”の木が入ってきました。

トロピカルな雰囲気で、花は鮮烈でとても目立つ色をしています。

花といっても厳格には、花びらではなく苞の色です。

中心部に小さな白い部分が花だそうです。なんて可憐な花でしょう。

これから苞がどんどん色づいてくるので、楽しみです。

ご来店の際には是非ご鑑賞くださいませ。

 image1 (002).JPG

2018.05.22

フランス ロワール産のホワイトアスパラガス

ホワイトアスパラガス.jpg4月より大好評中の“フランス産ホワイトアスパラガス”のご紹介です。

今年もフランス ロワール地方から極太ホワイトアスパラガスが空輸で届いています。

ホワイトアスパラガスは何より、鮮度が重要!その日か翌日に限って使います。

祇園ミクニでは、ゆで卵をぐしぐし潰し、塩、コショウ、エシャロット、パセリ、トマト、菜種油のドレッシングを

加えて混ぜ合わせたものを茹でたてのホワイトアスパラガスに乗せて食べます。

上品な甘みが心地よく、まろやかでジューシー、ほろ苦い、ホワイトアスパラガス!

5月いっぱいまでご提供させていただきます。

きりっと冷えた、ソーヴィニヨンブランやリースリング、合わせて飲んでいただくとさらに美味しく引き立てます。

 

今が旬のホワイトアスパラガス、白ワインと共にぜひどうぞ!!

 

 

 

2018.04.25

ハナカイドウ桜

ハナカイドウ桜.JPG4月になり、中庭には新しく“ハナカイドウ桜”の木が入ってきました。

和名では花海棠、バラ科、リンゴ属、花言葉は「美人の眠り」です。

入ってきた時は濃いピンク色の蕾でしたが、一週間ほどで開花し満開になりました。

ハナカイドウは一般にカイドウと呼ばれて、日本で栽培されています。

原産地は中国で古くから栽培され、その花の美しさは、酔って眠る楊貴妃をハナカイドウに

たとえたように、昔から美人の代名詞として使われているほどです。

花が少し下向きに咲く様子がさくらんぼのようで、ピンクの色が目に鮮やかで楽しませてくれます。

是非、今見頃のハナカイドウ桜ご覧くださいませ。

2018.04.10

桜が満開です。

白川桜.jpg京都は桜の開花が6日ほど早く、日差しも暖かくなって参りました。

先週は2分咲きといった状況でしたが、今週に入って一気に満開でまさに見頃です。

今年は開花から満開までが短くて驚きます。お花見計画は早め早めが良さそうです。

今週は雨の心配もなさそうなのでもう少し楽しめそうですね。

店々の灯りの元に眺める祇園の夜桜も美しさが際立ちます。

ぜひ、春の祇園街へお越しくださいませ。

 

 

 

 

2018.03.28

新調しました。

定期的にクリーニングはしているものの5年目となると落ちない汚れが目立ってきて、先週の定休日を利用して全て絨毯を新調いたしました。

しばらくは、ふわふわの踏み心地です。

 カーペット.JPG

 

 

2018.01.17

ブータンミツマタの木

新しい年が始まりました。

庭には新しく”ブータンミツマタ”の木です。

甘い香りが特徴で、黄色の花が咲きます。

ミツマタは元々紙の材料として栽培されていました。樹皮が優良な和紙の原料で、特に紙幣や地図に重宝されてきたようです。

古来日本の紙はミツマタ、ガンビ、コウゾの三つの樹木の皮から作られてきました。ミツマタは精巧な印刷にむいて、すかしが入れやすいので紙幣ににも使われています。一万円札にも少し使われているそうです。

今はまだ蕾ですが春の訪れとともに少しずつ膨らんでくるのが楽しみです。

是非お料理とともにご観賞くださいませ。

 ブータンミツマタ.JPG

 

 

2018.01.17

アスナロの木

IMG_2007.jpg早いもので、もう師走。なにかと慌ただしくなって参りました。

庭には新しくアスナロというヒノキ科の植物が入ってきました。

現在、神戸のメリケンパークに生の樹としては世界一の高さ(30m)のクリスマスツリーがございまして、

そのツリーと同じアスナロです。

和名のアスナロは、明日桧と書きまして”明日ヒノキになろう”の意味と言われ、

いつまで経ってもヒノキになれない樹言われているそうです。

そんなアスナロが今回メリケンパークで世界一に輝きます。

 

~クリスマスコースのお知らせ~

 

12月22日(金曜)~25日(月曜)の4日間 18900円と29700円のクリスマスコースをご用意いたします。

メニュー内容は決まり次第お知らせ致しますので暫くお待ち下さいませ。

 

 

 

 

2017.11.29

※メニュー内容や価格など、変わる場合がございます。
※表示価格は消費税8%とサービス料を含みます。